しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

日本を飛びだしてから帰国するまで。これまでの海外放浪の歴史を振り返ってみた その1

スポンサーリンク

こんばんは、しゃもじです。

 

今回から自身のこれまでの3年間に渡る海外放浪の

歴史を順を追って振り返っていきたいと思います。

 

長くなるのでいくつかパートに分けて書いています。

 

 

今回は、第一章「ニュージーランド編」です。

これまでの海外放浪の歴史を振り返ってみた その1

そもそもなぜ僕が海外に行きたいと思うようになったのか、

 

そのきっかけとなったのは就職活動をしていた時でした。

 

2012年の夏、僕は当時19歳でIT系の二年生の専門学校に通っていました。

ちょうど就活シーズンが始まってかなり忙しかった時期です。

 

その中で僕も一応は周りに合わせて形式的に就活をしていたものの、

いつしか周りに合わせて行動する自分を疑問視するようになり、

 「自分がこの先なにをしたいのか」

をひたすら考えるようになっていきました。

 

今しか出来ないことっていったい何だろうか。

自分は周りに就活なんてしてていいのだろうか。

 

こう自問自答を繰り返していたある日、ふと 「海外に行って暮らしてみたい。」

という思いがどこからか湧いて出てきたのです。

 

それまで海外に行った事なんて無かったし、当時は英語もb動詞って何?

レベルでダメダメでした。でも、ふと考えてみたら以前から海外に対して

強い関心があった事に気づきました。

 

そういえばオレって海外への憧れがあったな…

 

ん?まてよ…

 

もしかして、自分のやりたいことって海外で生活することなんじゃないか?

 

なんとなくですが、直感でそう感じた僕は 

「それがやりたいことなら、とりあえず後先考えずにやってみよう。」

 

この瞬間、あっさり就職の道を諦めて海外渡航を決意しました。

 

そしてさっそくネットで調べた留学エージェントにアポを取って相談し、

そのまま僕は勧められるがままに「ワーキングホリデー」という制度を使って

 

ニュージーランドへ行くことを決めました。

湖

 

日本から飛行機で約11時間、自然が豊かな小さな国です。

一年を通して比較的温暖な気候でなおかつ治安が良い。

 

行く決め手になった理由は「暖かい」というバカみたいなものでしたが

当時の自分にはそれで充分でした。

 

そして3年前の2013年の春、専門学校を卒業した僕は周りの同期が就職していく中、

 

ニュージーランドのオークランドへと旅立ちました。

羊

(NZは羊がめちゃくちゃいる)

初めてのホームステイは最悪

ホームステイ

(ホームステイ先のお父さん)

 

そうして、NZに渡った僕はまず、事前にエージェントが

手配してくれたホームステイ先に滞在することになりました。

 

ですが、このホームステイ先はマジで最悪でした。

家族はみんな明るく親切だったのですが、異常に家庭のルールが厳しかったのです。

 

例えば、

・シャワーは5分まで

・洗濯は一週間に一回のみ

・インターネットは一日一時間のみ

・土日の昼は家に居てはいけない

 

などなど、こっちはお金を払って泊まっているのに不自由だらけの環境で

あれ?オレってゲストだよね?と思わず言いたいくらいだったんですが 

当時は英語力が無くて何も言うことができず、このルールに従って過ごしてました。

 

そしてもう一つ、

 

ここのホームステイの兄ちゃんが有名歌手でした。


Donell Lewis feat Fortafy - Missing My Love OFFICIAL MUSIC VIDEO

 

彼はNZではかなり有名な歌手らしく、TVにもたまにでてました。

お兄ちゃんはジェントルマンなナイスガイで結構好きだったのですが、

 

彼の周りにはいつも彼を慕う友達(完全にギャングスタみたいな人達)がいて、

彼らが毎日のように家に遊びに来ていて、しかも、彼らはもう家族同然の扱いらしく、 

いつも彼らと家族と全員で一緒に食事をとっていました。(当然僕も含む)

 

これがなかなかの苦痛でした。

 

なぜなら食事の度、

 

ヘイメーン!!ちゃんと食ってるか、アーーーイ?

 

みたいなHiphopノリで僕に絡んでくるので、僕もそれに合わせて

Hiphop流の挨拶(拳を合わせるやつ)を一緒にやらなければいけなかったりと

もうとにかくめんどくさかったんです(笑)

 

まあそんな感じでホームステイに1ヶ月滞在しました。 

今は笑い話ですが、当時は本当にここが嫌で嫌でたまりませんでした。

NZに着いた次の週から語学学校に通い始める

学校

語学学校には、NZに着いた次の週から通い始めました。

オークランド市内にある学校にいくつか行って体験授業を受け、それぞれ比較した後、その中で雰囲気が良かった中心街にある少人数制の学校に決めました。

 

学校に行きだしてからは多くの友達ができました。

国籍はアジア人が比較的多かったですが、ここの学校はクラスは違えど

非常に生徒同士の距離が近く、本当に全員と友達といった感じでした。

 

語学学校生活はスタートから終わりまでホント無茶苦茶楽しかったです。

パーティ

(ほぼ毎日学校終わりにみんなで近くのPubに飲みに行ってました。)

 

そして学校に通いだしてから1ヵ月後、学校近くのシェアアパートメントに

引っ越してあのホームステイの呪縛から開放されてからはもう最高でした

 

毎晩パーティしたり、ビリヤードに行ったり、プチ旅行したりで存分に自由を

満喫してました。今思うとほとんど家にいなかったですね(笑)

 

もちろん、遊びだけでなく、勉強面に関しても頑張りました。

入学当初は4つあるうちの下から2番目のクラスでしたが、 毎月の試験をパスし、

入学から2ヵ月後には、目標にしていた一番上のクラスまで上がることができました。

クラスメイト

(上級クラスのメンバー)

 

そうして計4か月間、4月から8月まで語学学校に通い卒業しました。

語学学校では本当に英語以外にも多くの学びがあり、ここで経験する毎日は

とても新鮮で日本の時とは比べ物にならない刺激に包まれていました。

 

2013年9月、仕事を始める

そうして学校を卒業し9月、僕はローカルの仕事を得るべく

バリスタを育成する専門学校に2週間通いました。 

町並み

(オークランドの街並み)

 

NZではイタリアのコーヒー文化が強く浸透していて、至る所にカフェがあり、

バリスタの求人数が非常に多かったのでそこにチャンスがあると踏んだ僕は

学校に通い、バリスタの国家資格を取って仕事を探しそうと決めたのです。

 

そんな経緯でバリスタの資格が取り、いくつかカフェに応募したものの、

実務経験はなかった僕はバシバシ書類審査で落とされつづけました。

 

ですが、捨てる神あれば拾う神ありで、ちょうどその時期たまたま求人が出ていた

某日系企業の食料雑貨店で運よく販売員として採用が決まり、働くことになりました。

職場の人

(職場の皆さんと)

 

そこは主に日本の食料雑貨を取り扱っているお店だったので、

商品の使い方を説明したり、 お客さんに聞かれれば味噌汁や焼きそばの作り方を

英語で解説したりなど、現場ではとても英語力が求められる仕事でした。

しかも大きい会社だけあって福利厚生がしっかりしていました。

(ご飯食べ放題とか) 

 

なによりこの仕事にはすごくやりがいがあり、計4ヵ月ここでお世話になりました。

2014年2月、ファームで働きたくなり思い切って南島に引っ越し

そうして年が明け2014年の2月、僕は販売員の仕事を辞め、 

北島のオークランドから南島にある田舎町、

 

ブレナム

 

へと飛び立ちました。

ブレナム空港

(ブレナム空港は小さすぎて何もなかった)

 

ニュージーランドにやってきてからここまで、ずっとオークランドでしか

生活していなかったので、思い切って生活を変え、NZらしい生活を

味わってみたくなった僕はこのニュージーランド有数のワインの産地である

南島の田舎町のブレナムへとやって来ました。

 

でも想像以上の田舎で、ブレナムの町はマジでなんもなかったです…

ブレナム

(ブレナムの町並み)

 

ここで僕はバックパッカーに宿泊し、そこから無事ブドウ畑の仕事を紹介してもらい

働きだします。 ここの生活は僕の想像以上THE・田舎生活でしたね(笑)

 

一日のスケジュールはまず4時に起床。そしてすぐ朝食を摂って5時から仕事。

10時と12時に休憩を取りつつ昼3時過ぎまで働き、帰宅。 

すぐにその日の洗濯を済ませ、夕食と明日の朝食の準備をして6時に夕食。

するとすぐにシャワーを浴びて8時には就寝。

 

って感じでした(めちゃくちゃ健康的)

ぶどう畑

 

仕事の内容はブドウに鳥よけのネットをかぶせたり、剪定をしたり、

ブドウを収穫したりと毎日行くブドウ畑によって違ったものでした。

 

この仕事は肉体的にはきつかったですが、新鮮さがあり、楽しめました。

お給料は正直良くはなかったですが

ファーム仕事

(収穫はこの規模の人数でやる。ヨーロッパ人がほとんど)

 

もちろん、大変なことも沢山ありました。

まずボスはKiwi(NZ人のこと)だからめちゃくちゃ英語が早いし、

まわりはヨーロピアンばかりで日本人は周りに居ないし、 

ネットすらもつながらない(あっても1時間で10ドルとか有料) 

 

こんな環境の下で働くのが正直辛かった時もあります。

でもここでの経験は、自分に自信をもたらしてくれたし、生活力がつきました。 

そしてなによりも周りの人にも恵まれていたのですごく幸せでした。

ビリヤード

(仕事仲間とビリヤードを楽しむ)

2014年4月、帰国直前に南島を一周旅行

そうして4月、僕はファームで貯めたお金を使って帰国する前に

南島を一周旅行することを企画し、約10日ほどかけて旅行しました。

フィヨルドの景色

 

世界遺産ミルフォードサウンドをクルーズしたり、

ミルフォード・サウンド

 

世界一星空が綺麗に見れる村「テカポ」を訪れたり(ずっと曇りでした泣 )

テカポ

美しい湖と山々の絶景が広がるクイーンズタウンを訪れ、

クイーンズタウン

 

フォックスグレイシア(氷河)にトレッキングに行ったり、

フォックスグレイシア

 

グラスも椅子も、全部氷でできている有名なアイスバーにも行きました。

アイスバー

 

そうして、大満足の旅を終えた僕は

1年間のワーキングホリデーを終え、日本へと帰国します。

 

今回は、ここまで。

 

続き

shamojioil.hatenablog.com