しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

海外旅行やワーキングホリデーで大活躍した持ち物ランキングベスト10

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

"ケアンズ

海外旅行の際、日本から何を持っていくかで迷ったことはありませんか?

 

自分も初めて海外旅行に行った時は、何を持っていけばいいかよくわからず、とりあえず必要そうな物を、スーツケースに目一杯詰め込んでいた記憶があります(笑)

 

今回は、僕のこれまでの経験を元に、海外旅行やワーキングホリデーの際に持って行った、数ある物の中で、実際に現地で役立ったものをピックアップして、ランキング形式にして皆さんにもシェアしたいと思います。

 

ワーキングホリデーや海外旅行の持ち物で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

海外旅行やワーキングホリデーで大活躍した持ち物ベストテン!

それでは10位~1位まで一気に紹介していきましょう!

 

※男性目線の物が多いですが、ご了承ください。

 

10位 マルチ変換プラグ

10位はこちら、「マルチ変換プラグ」

 

国によって違うコンセントを形を、日本仕様の形に変換してくれるやつです。

 

これ一個持っていれば、現地でわざわざ変換プラグを買わずとも、世界中のほぼ全てのコンセントが使えるようになるので、海外旅行の際、一個持っておくとものすごく重宝します。

 

ホテルによっては、無料で貸してくれますが、必ず借りれる保証はないので、予め自分で一個持っていくと、いざという時にも安心ですよ。

 

9位 速乾性タオル

9位は「速乾性タオル」

 

体を拭くのはもちろん、現地で急遽洗濯をしなければいけなくなった時などにも、吸水性を活かして、洗濯物の擬似的な脱水が出来る、何かと役立つタオルです。

 

又、「速乾」というだけあって、乾くスピードが普通のタオルの2倍くらい早いので、外出先でもかなり便利です。

 

8位 モバイルバッテリー

8位はこちら「モバイルバッテリー」

 

説明不要。今やスマホ、ゲーム機などの充電に欠かすことのできない、海外旅行の必須アイテムですね。

 

空港などの待ち時間でついついスマホを弄りすぎたり、カメラの充電をし忘れた時も、モバイルバッテリーがあればバッテリーが無くなる心配はいりません。

 

ただし、5000~7000mAhぐらいモバイルバッテリーは、スマホのフル充電がせいぜい2回程度しかできないので、海外旅行の際は、10,000mAh以上の比較的大きめ容量のモバイルバッテリーを持っていくことオススメします。

 

7位 圧縮袋

7位は「圧縮袋」

 

スーツケースに詰める服のかさを減らすのに、めちゃくちゃ役立ちました。

 

特に僕の場合、かなり小さなスーツケースを使っていたので、かさばる衣類は全部、圧縮袋に詰めて持って行っていましたね。圧縮する事によって、かさが3分の1程度まで減るので、なるべく服を持って行きたい方にとっては必須級のアイテムではないでしょうか。

 

ちなみに圧縮袋は約100~1000円程度と、かなりピンキリの値段で売られているのですが、安い物はすぐにジッパーの部分が壊れるので、多少高くとも良い物を買っておくほうがベターです。

 

6位 タンブラー

6位は「タンブラー」です。

 

ユースホテルなどの格安宿では、衛生面に難がある所が多く、たまにコップが汚れていたりするので、持参したタンブラーがあるとかなり助かります。

 

また、保温性が高い為、温かいスープを飲む際も容器代わりに使えるので、旅先ではかなり重宝するアイテムだと思います。

 

タンブラーを選ぶ際は、保温に優れ、蓋がしっかりしているもの(中身がこぼれないもの)を選ぶようにしましょう。

 

5位 ウインドブレーカー

5位は、「ウインドブレーカー」

 

飛行機の機内や、ショッピングモールなど、日本と比べて、海外はエアコンがガンガン効いている場所が多いので、そういった場所での防寒具代わりとして、又、雨が降った時用の雨具として、持っていくと便利です。

 

クオリティを気にしないのであれば、ユニクロのウインドブレーカー等でも十分ですが、個人的には、モンベルやノースフェイスなどの登山用のウインドブレーカーが、作りが丈夫で、長く使えるのでオススメですね。

 

4位 十徳ツール

4位はこちら、「十徳ツール」

 

その名の通り色んな機能が備わった万能ツールです。

 

ビールの栓を開たり、包丁の代わりにナイフで調理したり、缶詰を開たり、マイナスドライバーで工作したりと、使いみちは様々。これ自体が小さく軽いので、持って行くのも楽ちんです。

 

あと、スプーンやフォークなどの食器類がいくつもまとまった7徳スプーンなんかも、タンブラー同様、いざという時の食器として使えるのでオススメですね。

 

3位 ノートパソコン

第3位はこちら、「ノートパソコン」

 

短期の海外旅行では、特段要らないかもしれませんが、長期的な滞在においては、仕事をしたり、宿泊先を押さえたり、観光地を検索したり、勉強に使ったりするので、間違なく必需品ですね

 

特にワーホリの場合は、移動がすることが何かと多いので、できるだけ薄くて軽い、Macbookや、Surface等のノートパソコンが理想的です。

 

ちなみに僕はSurface pro4を愛用してました!

 

2位 ビーチサンダル

第2位はこちら、「ビーチサンダル」

 

海外では基本的に室内も土足。なので、外出先でも、室内でも気軽に履けて歩き回れるビーチサンダルはとても便利なんです。

 

ビーチに行く時や、ちょっとした買い物、散歩、宿泊先での部屋履き、機内でのスリッパ代わり…などなど、とにかく使い所は満載でした。

 

しかも、ペラペラなので全くかさばらずスーツケースに入れることができる点もグッドですね!

 

1位 SIMフリースマホ

堂々の第1位は「SIMフリースマホ」です。

 

僕の中での圧倒的1位。ぶっちぎりです。

 

これを持っていったおかけで、日本に居る時と同じように生活が出来たと言っても過言ではないですね。

 

現地でグーグルマップやライン、電話などが使えるのと、使えないのとでは、安心感が雲泥の差です(笑)

 

まあ百歩譲って、旅行の際は要らないかもしれませんが、長期的に海外に行く場合は、やはり最低1台SIMフリーのスマホを持っておきたいですね。

 

ちなみに、今だと、HUAWEIのP9とかが、コスパに優れて良い感じです。

まとめ

はい、ということで以上、僕が実際に海外旅行やワーキングホリデーで持って行って大活躍した物を、ご紹介してみました。

 

もちろん、人によって旅に必要なものは違うとは思いますが、自分にも必要そうだなと感じるものが少しでもあれば、ぜひ取り入れてみてください。

 

以上、「海外旅行やワーキングホリデーに持って行って大活躍した持ち物ランキングベスト10」でした。

 

それではまた。