しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

お久しぶりです、生きてます。ブログ更新を二週間サボった理由

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

f:id:shamojioil:20160723143914j:plain

どうもお久しぶりです。前回の更新から約2週間ぶりの更新ですね。安心してください、ちゃんと生きてます(笑)

 

ひょっとしてブログ辞めてしまったんじゃないか?

 

と思われた方も読者の中には多いでしょう。なんなら僕自身も、ひょっとしてこのままフェードアウトして、ブログを辞めてしまうんじゃないかな?と思ったくらいですから(笑)

2週間も更新をしなかった理由

前回の記事を書いてから今日までの約2週間の間は、一切ブログに触れることもなく、Twitterも殆どチェックしていませんでした。仕事が忙しかったというのがありますが、単にブログに対する更新のモチベーションがすっかり低下してしまったことが一番大きな原因ですね。

 

仕事やらプライベートがずっとバタバタしていたのもあって、ブログに対する熱が徐々に冷めてしまったんですよね。

 

最初の方こそ、「ヤバイ、ブログ更新しなきゃ!」というような焦りがまだあったんですが、日を追う事にそれも薄れてきて、「明日でいいや」という精神状態になってしまい、今日までずるずると更新を先延ばしにするという結果になってしまいました。(完全に夏休みの宿題と同じパターンですね)

更新をサボったときの圧倒的な開放感

2週間も全くブログに触れずにいると、僕の日常生活にも色んな変化があったんですが、その中でも一番大きかったのは「自由に使える時間が増えたこと」でした。

 

僕はこれまで、一記事を仕上げるのに三時間以上かかってしまうような超鈍足野郎だったので、帰宅してからの「ブログ更新」は実質的に三時間のプライベートな時間を削ることを意味していました。

 

でも更新をサボれば、これまでブログに割いていたこの三時間を他のことに使えるし、何もしなくていいわけです。この圧倒的な開放感に浸りすぎたせいで、気づいたら二週間も経過していました。

ブログを書くのにストレスを感じていた

そもそも、最近はブログを書くこと自体に対してかなりストレスを感じていた気がします。「明日までにはこの記事を仕上げよう」とか「この〇〇に対する記事を書かないと」みたいな、義務感にも近いようなものを常に抱いていましたし(の割には以前から更新頻度低いけどw)、PVや収益性についても悩んだりで、僕自身がブログを楽しめない状態になっていたのかもしれません。

 

この二週間ブログをサボってみて、やっぱり書いている自分自身が楽しめるようなブログじゃないとやってていても意味がないということに気づくことができました。

 

元々好きで始めたことなのに、それがいつの間にかストレスになるようなものに変わっていたとしたら、楽しくなんてないはずですもんね。

 

なので、まずは肩の力を抜いて、書いている自分自身、読者、両方が楽しめるようなブログを目指して、僕なりのペースでやっていこうと思ってます。

 

こんなブログですが、今後ともよろしくおねがいします。

 

それではまた。