しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

ワーホリ必見!ローカルジョブを最も簡単にゲットする方法

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

f:id:shamojioil:20160711012339j:plain

 「ローカルジョブ」それはワーホリに行く人なら絶対に知っているワード。

ローカルジョブ、つまり現地の人達と同じ環境で同じお給料を貰える仕事のことです。

実はこのローカルジョブをゲットするのって結構ハードルが高くて

ワーキングホリデーで海外にいる日本人にはなかなか厳しいんですよ。

 

というのも多くの日本人はまず現地人とまともに働ける程の英語力が無いので

現地人と働きたくても基本的には日本語の通じる日本食レストランや

寿司屋などにしか働き口がないのが現実なんです。

 

憧れの海外に来たけど、実際はラーメン屋で日本人に囲まれながらバイト…

 

こんな人がごまんといます。

 

かくいう僕もNZでの最初の仕事は日本企業でのアルバイトでした。

 

ですが、オーストラリアに渡ってからは

幾つものローカルの仕事をゲットし、現地の人達と働くことができました。

 

ではどうやってローカルの仕事を見つけたのか。

 

方法はいくつかあるんですが、僕がこれまでにいろいろやった中で

最も効果的だった方法を今回はご紹介したいと思います。

  

僕が感じた最も効果的かつ簡単だった方法

 

ずばりその答えとは…

 

自分でネット掲示板に広告を出す!

 

です。

 

つまり、仕事をこちらから取りに行くのではなく、

自分で広告を出して向こうから連続が来るまでひたすら待つ。

 

 

いや、自分で仕事を探した方が早いだろ!

 

とツッコミたくなる気持ちもわかります。

 

一般的なローカルジョブの探し方は飛び込みでお店を周って

レジュメを配るか、掲示板サイトに出ている求人に応募することです。 

 

実際僕も200枚くらいレジュメを配り歩きましたし、ネット求人に応募もしました。 

確かに数撃ちゃ当たるじゃないですけどこれでも仕事はゲットできます。

 

でもこれって実はすごく非効率で僕ら日本人には分が悪いんですよ。

当然これらの求人には現地人も応募してきますし、日本人の僕達は

ビザの問題や英語の面でその人達との競争を勝ち残っていくのすごく不利なんです。

 

なので自分で広告を出した方が遙かに効率的で効果があります。

 

例えば僕が広告を出していた

オーストラリアの総合掲示板サイト「Gumtree」

を見てみても自分で広告を出している人はそれほどいません。

 

自分で広告を作るのは面倒だからですね。

 

でもだからこそこれをやるとすごく効果があるんです。

 

実はこういった掲示板では僕ら雇われる側だけでなく

雇う側も個人の広告を見てアルバイトを探しているので

(僕が働いていたカフェのオーナーもバイトをGumtreeで探してました)

 

>自分で広告を出せば高確率でこういった人に見てもらえます。

しかも競争相手が少ない為、そのまま連絡をもらえるケースが多いです。

 

実際に僕も自分で広告を出してからは、毎日のように面接の連絡が来ました。

中には僕がレジュメを既に配ってうんともすんとも言わなかったところから

連絡が来たこともあります(笑)

 

自分で広告を出すことのメリットはこんな感じです。

  • 存分に自己アピールができる。
  • 飛び込みと違い英語力が要らない(面接の時はいるけど) 
  • 連絡を貰える可能性が高い
  • レジュメを印刷する必要がない

 

広告を作る際のポイント 

バリスタの広告

(Gumtreeで出ているバリスタの広告)

 

じゃあどんな広告を出せばいいのか、ですが

ポイントはどれだけ自分の事をアピールできるかです。

 

なるべく自分の写真を載せて(特に接客業などでは)

自分の経験やスキルを精一杯アピールできる広告を作ることを心がけてください。

 

特に経験はすごく重視される部分なので自分がこれまでどんな経験をして

どんな業務に携わってきたか期間も含めて細かく書いてください。

 

経験がない場合でも、「自分は真面目だから絶対に仕事に遅れない」

とかそういった真面目さや個性をしっかりアピールしましょう。

 

それから広告のタイトルは

I am looking for a job(仕事を探してます)

みたいなありきたりなやつよりも

 

I have 10 years experience working as a brista!(バリスタ歴10年です!)

のみたいなほうがインパクトがあって目に止まりやすいです。

 

断言しますが、

 

個性的で目立つ広告さえしっかり作れば必ず向こうの方から連絡がきます 。

 

最後に

ここまで「ローカルジョブを最も簡単にゲットする方法」

と題して上記の方法を紹介をしましたが、

仕事をゲットすること自体がゴールではない事は理解しておいてください。

 

運良くローカルの環境で仕事が決まったとしても

そこで働けば無論それなりの英語力も求められるし、

環境の違いに日々戸惑うことばかりだとおもいます。

 

「ローカルの仕事決まった!わーい!」

 

と喜んで働きだしたはいいものの、実際まったく通用せず

辞めさせられたという人も自分の周り何人もいました。

 

本当のスタートは仕事が始まってからなので、

仕事が決まってからといって一段落することなく、その貴重な経験を

無駄にしないように心がけて一生懸命働いていってみてください。 

 

以上、ローカルジョブを最も簡単にゲットする方法でした。

 

それでは。