しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

【朗報】ニートの僕、タックスリターンのおかげでバイトしなくてもなんとか生きられそう

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

ねこ

朗報です。どうやらタックスリターンのおかげでどうにか来月の家賃が払えそうです。

 

前回の記事

www.shamojioil.com

バイトに応募するも8件連続で落ちる

前回の記事を書いた日、僕は秋葉原の人材派遣会社に行って派遣バイトに登録し、

一応保険をかけて他にもいくつか日雇いの派遣バイトに応募したんですが、

 

なんと応募した8件全てにコンタクトが取れず、

 

肝心の秋葉原の人材派遣会社の方も今は紹介できる仕事がないと

きっぱり断られてしまいました。

 

つまりまさかのバイト全オチです。

 

めちゃ凹みました。同時に、より一層の不安にかられました。

ヤバい…

このまま見つからないと来月分の家賃が払えない…一体どうすればいいんだ…

 

… 

 

まてよ…そういえば一つ方法があるぞ。

そうだ、そういえば僕にはタックスリターンがあったじゃないか。

タックスリターンとは?

タックスリターンはつまり日本でいう確定申告のことです。

オーストラリアでワーキングホリデーをすると給料の32.5%

政府に徴収されてしまうのですが、このタックスリターンを申請すると

この政府に払った税金を場合によってはまるまる取り返すことが出来るんです。

 

日本だと毎年3月末までに確定申告をしますが、オーストラリアの場合、

会計年度が毎年7月1日~翌年6月30日なので、翌年の7月1~10月末までの間に

このタックスリターンを申請しなければなりません。

 

今はもう7月、つまり今年のタックスリターンの時期です。

なので僕はこれに最後の望みをかけ、申請してみることにしたのです。

タックスリターン

するとどうやら、僕の場合$1641=約13万円

オーストラリア政府から返ってくるそう。

 


あれ?


バイトしなくてもいいじゃん!

 

というわけで結局バイトには落ちてしまいましたが、

どうにか首の皮一枚繋ぐことができました。

これだけ返ってくるならどうにか来月の家賃と生活費は賄えそうです。

まさに「捨てる神あれば拾う神あり」ですね←違うかw

P.S

そういえばこの間書いた記事が意外にも反響を呼び、66もブクマを貰いました。

しかもありがたいことにFacebookの方でもシェアしていただけたようでPV数も

先週の4倍になっていました。本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。

これからも皆さんに有益な情報をお届けできるようにより一層、気合を入れて

沢山記事を書いていきますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

 

あ、最近Twitterも始めました。よければもこちらもどうぞ。

twitter.com

 

以上、報告でした。 それではまた。