しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

オーストラリアでレンタカーを借りる際の流れやドライブで注意すべきポイントをまとめてみた

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

f:id:shamojioil:20160901010645j:plain

オーストラリアの旅行はレンタカーで周るのがとても便利です。

 

海外でレンタカーを借りて運転するのはちょっと敷居が高いよ…

 

って思っている方も多くいるかと思いますが、

実はオーストラリアでレンタカーを借りて運転するのって結構簡単なんですよね。

 

なので今回は、意外に簡単なそのレンタカーの借りる流れと、ドライブの際の注意すべきポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

レンタカーを借りる際に必要な物

オーストラリアでレンタカーを借りる際に必要な物は主に4つです。

国際免許証

オーストラリアで運転する際は必要不可欠。州によっては日本の免許証と翻訳証明書だけでもOKという所もありますが、ダメな所もあるので国際免許証を持っていたほうが無難です。予め日本で取得しておくようにしましょう。

日本の運転免許証

国際免許証と合わせて日本の運転免許証の提示を求められる場合もあるので、

レンタカーを借りる際は日本から持って行きましょう。

パスポート

短期滞在の旅行者の場合、身分証明として提示する必要があります。

クレジットカード

料金、及びデポジットの支払いの際に必要です。

 

レンタカーを借りる際の流れ

オーストラリアでレンタカーを借りる基本的な流れは

 

WEBサイトで事前予約 or レンタカー会社の受付カウンターで申し込み

車種や保険プランなどの選択(WEB予約の場合は割愛)

必要書類を記入し、デポジットを支払う(事前に支払い済みの場合は書類の記入のみ)

鍵を受け取り、駐車場で車を受け取る

指定された場所に返却(ガソリンは満タンに。料金は後で引き落とし)

 

と言った感じになります。

 

ぶっちゃけ日本のレンタカーとほぼ変わりがありません(笑)

 

そして、借りる流れを見てもらえばわかる通り、WEB予約が圧倒的に楽です。

予めWEBサイトで予約、支払いまで済ませておけば、受付でのやりとりを最小限にできますし、手続きもかなりスムーズになるのでよほどのことが無い限りは事前の予約がオススメですね。 

 

代表的なレンタカー会社にはエイビス、ハーツ、バジェット、ヨーロッパカー などがありますが、どのレンタカー会社も日本語で予約が可能なので、英語が全くダメな人でも安心して予約ができます。(現地カウンターでは英語だけど)

料金はどれくらい?

レンタカーの料金にはLPと呼ばれる自動車損害賠償保険車両登録料、追加ドライバー代などが含まれおり、カーナビや任意保険などを付けたい場合はオプションとして、別途で支払う必要があります。

 

プランによりますが大体一日で$60~$100(約5000円~8000円)くらいが目安ですね。

(ちなみに21歳以上25歳未満の方は、ヤングドライバー費が別途で上乗せされるので注意。)

知っておきたい交通ルール

オーストラリアは右ハンドルの左側通行。基本な交通ルールも日本のものとほとんど変わらないので、日本で運転の経験のある方なら問題なく運転ができます。

 

ただ、一つだけ注意したい交通ルールがあります。

 

それは「ラウンドアバウト」

 

日本人にはあまり馴染みのない、信号のない交差点(ロータリー)です。


Road rules: roundabouts

 

この「ラウンドアバウト」は初めて出くわすとかなり戸惑います。

 

なので、 

・ラウンドアバウトに入る時は徐行、もしくは一時停止。

・ラウンドアバウトの中を走っている車が優先。

・時計回りなので右側から来る車に気をつければ良い。

 

これら3つのルールを事前に把握しておくようにしましょう。

制限速度とカンガルーには注意

そして上記のラウンドアバウト以外にもドライブする上でぜひ気をつけておきたいものがあります。それは、「制限速度」「カンガルー」です。

制限速度

実はオーストラリアは日本よりもスピード違反の取り締まりが厳しく、至る所で走行中の車のスピードをチェックしています。なんなら、5kmオーバーでも罰金を科せられてしまうケースもあるくらいです。

オーストラリアは日本と比べ道が広く交通量も少ない為、気持ちが緩んでついついスピードを出したくなりますが、制限速度は必ず守るようにしましょう。

(ちなみに僕は11kmオーバーで捕まり、$216の罰金を払いました…)

カンガルー

オーストラリアの象徴的存在ですが、実はオーストラリアをドライブする上で最も厄介かつ、恐ろしい存在でもあります。

 

オーストラリアでは、このカンガルー達がいきなり茂みから飛び出してくるので、しょっちゅう衝突事故が起きています。小型のカンガルーと衝突したくらいなら車の故障程度で済みますが、大型の1.5mを超えるカンガルーと衝突したとなると、それはもう一大事。特に、夜間は衝突が堪えないので、夜運転する際は注意が必要です。

まとめ 安全に気をつけて楽しいドライブを

f:id:shamojioil:20160903143636j:plain

レンタカーを借りるのは何かとトラブルなどリスクが付き纏いますが、それでいてもやはり、行きたい所に行きたい時にいけるというのはレンタカーの強みです。

 

広大なオーストラリアを運転する楽しさは、レンタカーでしか味わうことができません。確かに運転する上で注意すべきポイントはいくつかありますが、他の国よりは運転が簡単ですし、予約も簡単です。

 

レンタカーでの旅行はきっと忘れられない経験になると思うので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「オーストラリアでのレンタカーの借り方とドライブの注意すべきポイント」でした。

 

それではまた。

 

オーストラリア関連 

www.shamojioil.com

 

www.shamojioil.com

 

www.shamojioil.com