しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

【海外の反応】海外から見た日本の奇妙なもの10個

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

 

先日Youtubeで 「10 Weird Things That Only Exist In Japan」

というタイトルの動画が公開され、400万以上も再生されていました。

 

直訳すると「日本にのみ存在する奇妙なもの10個」

外国人から見た日本の奇妙なものを紹介している動画です。

10 Weird Things That Only Exist In Japan

今回は動画の内容を簡単に翻訳し、まとめたので紹介したいと思います。

 

ちなみに動画はこちら。

10 Weird Things That Only Exist In Japan - YouTube

※人によっては不快に感じてしまうシーンがあります

サムネイルが不適切だったのであえて無しにしました。

 

1.ウン◯博物館

未来科学館

東京にはウン◯の博物館があり、ここに着くとまずウン◯形の帽子を買って、

いろんなウン◯を見れ、超大型の便器にの中に入ることができるそう。

 

どうやらこれは日本科学未来館で2014年7月2日~10月5日の間に開催されていた

企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうん◯と地球のみらい」のことみたいです。

2.トイレスリッパ

スリッパ

日本人はキレイな場所とそうでない場所を線引し、家に入る際は靴を脱ぎます。

そして最も汚い場所であるトイレでは専用のスリッパを履くのです。

 

これに対しYoutube上では、

"トイレスリッパはふつうだよ"

"むしろアメリカ人は靴を脱がないんだな、考えられないよ"

とトイレスリッパを擁護するようなコメントが結構目立ちます。

3.変な味のアイスクリーム

アイス

日本では「カニ味」、「うなぎ味」、「シチュー味」、「カレー味」といった

とても奇妙な味のアイスクリームが楽しめ、挙げ句には「ベークドポテト」もあり、

とにかく考えられないような味と出会うことができるでしょう。

 

日本人の僕たちはよく海外の奇抜な色のケーキに驚いたり、

不味そうとか思ったりしますが、外国人からしてみたら

日本のアイスのほうが圧倒的に衝撃なのは間違いありません(笑)

日本人の僕らでもそれってどうなの?みたいな味もありますしね。

4.自動販売機

f:id:shamojioil:20160707140640j:plain

アメリカでもジュース、ポテトチップス、アイスが買える自動販売機がありますが、

日本の自販機はそれを遥かに凌ぎます。ジュースはもとより、ジャンクフードや

「エ◯本」「傘」まで買うことができます。

 

確かに他の国に比べれば日本の自販機で買える物のバリエーションは圧倒的ですよね。

5.ベーグルヘッド

ベーグルヘッド

「ベーグルヘッド」は元々、カナダで誕生した人体改造の一つで

頭に生理食塩水を注射してベーグルのようにふくらませるのことの事らしく、

日本のアンダーグラウンドではこれが流行っています。

 

いや、こんなの見たことねーよ!!(笑)

 

ちなみに膨らんだ頭は食塩水が体に吸収されて24時間以内に元に戻るそうです。

6.缶詰バーMr.Kanso

缶フード

アメリカでは、缶フードは買い物に行く時間が無い時などに食べるものですが、

東京にレストラン「Mr.Kanso」ではわざわざこの缶フードをお店で出しています。

お店ではお客さんがえらんだ缶フードをスタッフが開け、そのまま提供してくれます。

2002年にオープンした「Mr.Kanso」は今では全国に17店舗も展開しているそう。

 

確かにこれも日本人からしても奇妙なレストランですよね。

7.ガングロギャル

ガングロ

日本で非常に有名なスタイル「ガングロ」。ガングロとは「ブラック」を意味し、

ベーコンに似た色です。濃いアイライナー、明るいアイシャドーと明るい髪色で

カラフルな服や靴を着飾り、伝統的なジャパニーズビューティーに反発した

スタイルのことを指します。

 

よく外国人に写真をせがまれるガングロギャルを昔はよくテレビなどで見ましたが

最近はあまり見かけません。今もまだ一定数いるんですかね?

8.キモい人間型ロボット

人型ロボット

日本はロボット開発においてとても興味深く、奇妙なことを行っています。

代表的な物にホンダの「アシモ」、赤ちゃんのように振る舞う「cb2」、

ソフトバンクが開発した「ペッパー」などがあります。

 

僕も赤ちゃんcb2は初めて見た時衝撃でした。

やっぱり人の表情やしぐさを真似をするロボットは気味が悪いですね…

9.フレッシュネスバーガーの紙パッケージ

f:id:shamojioil:20160707140650j:plain

フレッシュネスバーガーが開発した「Liberation Wrapper」は

大口を開けてハンバーガーを食べるのが恥ずかしいという女性の悩みを解決した

画期的な発明です。このパッケージならどんなに大口でハンバーガーを頬張っても

正面からはおちょぼ口しか見えないのです。

 

アホくさいですがこのパッケージのお陰で売り上げが213%もあがったそうな。

10.ファーストフード店

ファーストフード

(※不適切な画像だったので一部加工してます)

日本には女性がカウンターの上に座り、パン◯を見せながら

接客してくれるファーストフード店があります。衛生的によくないですが

男性客は間違いなくこのレストランに訪れることでしょう。

 

……

 

いやこんな店みたことないですけど…

 

いくらなんでも日本にこんなファーストフード店は無いですよね(笑)

まとめ

ということで以上が「日本の奇妙なもの10個」でしたが、誇張されていたり、

こと5や10に関しては全くのデタラメと結構いい加減な部分もありました。

こうやって一部の情報だけを切り取って見てしまったら

海外の方は日本はそういう国なんだと思ってしまうでしょうね。

 

もっと正しい日本文化が広まっていくことを願います。

 

以上、「海外から見た日本の奇妙なもの10個」でした。

 

www.youtube.com

結構サムネイルがキツイ動画もあるので注意!