しゃもじ記

学歴なし、金なし、ほぼ職歴なし。新卒を捨て3年間海外を放浪したゆとりのブログ

ワーホリで英語を伸ばす為に絶対に意識してほしいこと。3年ワーホリを経験した僕からのアドバイス

スポンサーリンク

こんにちは、しゃもじです。

パスポート

ワーホリに行ったのに英語が伸びずに後悔した…英語が身につかなかった…

そんな事をいう人達に今まで沢山出会いました。

 

「英語は文法じゃなくて気持ちでなんとかなる」

「海外に1年いたら英語は話せるようになるはず」

「語学学校に行けば大丈夫でしょ」

 

せっかくワーホリに来て英語を伸ばしたいと思っているのに

こういったマインドの人が結構います。

  

大切なのは自分の意識です。

ただなんとなく毎日を過ごしているようでは英語は身につきません。

 

ワーホリで英語を伸ばす為に絶対に意識して欲しい事

今回は3年ワーホリを経験した僕が、自らの経験を元に

「ワーホリで英語を伸ばす為に絶対に意識してほしいこと」を書いてみました。 

ワーホリでせっかく海外にいるのに英語で伸び悩んでいる方は

ぜひこれらを日々の生活の中で意識して行動してみてください。

ではいきましょう。

 

自主的に勉強することを心がける

これは 超・超・超重要。

ハッキリ言ってこれに尽きると言っても過言ではないほど。

海外に行けば英語は伸びる、はただの幻想です。ありえません。

海外に行ったくらいで英語が身につけば皆苦労しませんよね。

英語はきちんと「努力」した人だけが獲得できるものです。

どれだけ海外に住もうが自発的に勉強しない人は絶対に語学が上達しません。

どれだけ忙かろうと、最低限勉強の時間だけは捻出するようにしましょう。

 

積極性を持つこと

もっと英語を喋る機会を作ればよかった…もっと外人の友達を作りたかった…

ワーホリが終わってからこういう風に後悔する人が多いです。

 

こういった人は日本に居た時と変わらず常に受け身になっていがちです。

海外に来たからといって自分が変わるわけではありません。

 

自らの意識を変えて行動していかない限り、なにも得る事は出来ないのです。

ぜひ積極的に行動して英語を喋る機会を作っていってください。

 

常に危機感を持ち行動

海外で長く生活すればする程、英語に対する危機感が日々薄れていきます。

なぜなら日常生活の中で必要最低限のやりとりだけ出来ていれば

それほど高いレベルの英語は必要じゃないという事に気づいてしまうからです。

 

環境によってはなんなら英語がまったく必要ないということさえありえます。

こうなってしまうと、ますます英語の勉強に対して億劫になってしまいます。

 

自分は半年も住んでいるのにこれだけしか喋れない…

と常に節々で自身の英語力に危機感を持ち生活するようにしましょう。

 

様々な国の友達を作り交流する

意外かもしれませんが日本人と最も仲良くなれるのは韓国人台湾人です。

ワーホリで海外に行けばまず日本人は韓国人、台湾人とつるんで行動するでしょう。

 

確かに韓国人や台湾人は価値観や文化が似ていてとても接しやすく、

英語も聴きやすいので一緒に居るとすごく居心地が良いと思います。

 

でも彼らとばかりつるんでしまうのはとても勿体無いことです。

どこかの国に偏らず、様々な国の人と交流し色んな文化や価値観に触れて、

色んな国の英語のアクセントを学びましょう。

 

現地人の友達を作る

色んな国の友達を作るのは重要ですがそれよりももっと重要な事があります。

それは現地人の友達を作ることです。英語力を伸ばすのにネイティブと交流するのは

大変効果的ですし、彼らと交流する事でまた違った刺激を貰えるはずです。

 

地域のイベントに積極的に参加したり、バーに行って話しかけたりすれば

ネイティブの友達を作ることはいくらだって可能ですので

自分は英語があまり上手じゃないから…

とか尻込みせずに、現地人のぜひ友達を沢山作ってください。

 

ローカルの仕事に就く

これもかなり重要なポイントですが、実際にローカルの仕事に就けたという人は

多くありません。多くの日本人は日本語が通じる関係や手軽さから

どうしても日本食レストラン(俗にいうジャパレス)などに甘んじてしまいがちです。

 

でも英語を伸ばしたいのなら絶対に現地の人達と働きましょう。

彼らと共に働き、生の英語に触れる事で自身の英語力も磨かれていきます。

ローカルの仕事はポイントさえ掴めば必ずゲット出来ます。

 

参考

www.shamojioil.com

  

 限られた期間を最大限に活用できるように考えて行動しよう

ワーキングホリデーで海外に居る事ができる期間は限られています。

ワーホリ中はそれを実感出来ないですが、時間はあっというまに過ぎて行きます。

せっかくの一年という貴重な時間を無駄にしないでください。

 

英語が身につく、身につかないは全て自分の行動次第です。

全ての責任は自分にあるのです。

 

「一年間ワーホリ行ってきたのにその程度英語力?」

なんて言われてしまわないように、

限られた時間を最大限活用すべく常に努力して英語力を伸ばしていきましょう。

 

 

それでは。